fc2ブログ

博物ニュースNo.002 ヒラズゲンセイ

博物ニュースNo.002  ヒラズゲンセイ
 
今回はヒラズゲンセイの鮮明な写真をお届け致します。
大きさは全長3cm位です。

2013年7月14日に黒沢湿原の道路沿いで写したもので、
クマバチの幼虫に寄生されると言われています。

日本では最初に高知県で報告されたので、
トサヒラズゲンセイと呼ばれる事もあったそうです。
詳しくはネットで見られますが、気をつけていれば
徳島県でも見られる事が分かりました。


ヒラズゲンセイNo3 
▲ヒラズゲンセイ 



NPO法人剣山クラブ




博物ニュースNo.001 アイラトビカズラ

博物ニュースNo.001 アイラトビカズラ 
 
日本では古くから、熊本県の相良地方での1本のみが知られていました。
海外渡航者が持ち込んで来た物でないかとの風説がありましたが、
2000年に佐世保市の無人島で見つかった事で
中国、インド方面から海流伝播だと分かりました。

2000年4月、本県の県立農業大学校でハウス栽培されていたものに
花が沢山咲きましたが、種子が出来て稔る事は有りませんでした。
挿し木(クローン)にして育てたところ、14年振りに初めて一莢のみ稔りました。
 花柄先端からの長さは47cm有り、
一莢は約4cm×4cm、蔓の太さは地上高40cmで直径9cmです。

写真からも分かるように、さやの表面は黄褐色の粉毛で覆われていましたが、
日ごとに脱落しています。粉毛は刺毛で、
皮膚に付着するとイラガに触った時のようにチクチクします。

日本の木本植物学の第一任者の村田源先生に報告した所、
京都大学標本庫にはインド産の種子しか無く、
花は同大学の温室で見た事があるそうで、
莢が見られるのは日本初だそうです。
(大学の標本庫に納めたいとの事で
木質部の一部を付けて切り取り、送付しました。)


アイラトビカズラNo1 

▲アイラトビカズラ


NPO法人剣山クラブ

NPO法人剣山クラブ活動レポート。8月2、3日の県内研修について。

 雨中での集合写真(剣山山頂北西斜面)
NPO法人剣山クラブの定期研修会の帰り。
今回の研修会は、剣山山頂の頂上ヒュッテ〝雲海荘〟を
お借りして行いました。主でクラブの会員でもある新居さん、
お世話になりました。また、参加いただいた会員のみなさん、
ありがとうございました。


8/3
▲台風12号の影響から、大雨の中での記念撮影に。
それでも参加された会員のみなさんには笑顔がありました。





2014年6月29日。「高ノ瀬オオヤマレンゲ群落地」説明板等の設置作業を行いました。

6/29に徳島森林管理署、三好市、みよし市山歩会、山の遠足会、
剣山クラブからの参加者により、境界標埋設、説明板設置、
シカ除けネット補修作業を行いました。

標柱・案内看板
▲那賀町 高ノ瀬のオオヤマレンゲ群落地にて。

IMGP4097.jpg
▲境界標の埋設作業を行いました。

NPO法人剣山クラブ

間もなく、NPO法人剣山クラブの公式ホームページがお目見えします。

NPO法人剣山クラブでは、
剣山など徳島県内の国定公園を中心に
山の自然や登山道などの巡視を行っています。

私たちの活動についての情報を
会員間で共有するのと同時に、
広く一般のみなさんにも、
自然の楽しみ方をお伝えし、
その保護の必要性の啓発にもつなげるため、
公式サイトの建設を進めてきました。

間もなく、正式に公開の予定です。
どうぞもうしばらく、楽しみにお待ち下さい。


NPO法人剣山クラブ

プロフィール

NPO法人剣山クラブ

Author:NPO法人剣山クラブ
NPO法人剣山クラブの公式ブログサイトです。HP(http://club1955.net)にもご訪問ください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR